これからの季節は、美容医療を味方に老け顔を脱却。

少しずつ、朝晩の風が冷たく、過ごしやすい季節になってきましたね。

夏の肌ダメージが、シミやくすみ、そばかす、シワになって少しずつ「老け顔」を加速させます。

アラサー、アラフォー世代にはセルフスキンケアではどうしても限界があります。

スキンケア化粧品のできること、はせいぜい肌の表皮まで。

30代、40代の肌なやみは、そのほとんどが真皮まで到達していることがほとんど。

例えば、くっきりとした濃いシミは、メラニンが真皮まで到達しているので、美白化粧品ではシミを消すことは不可能です。

美容医療では、シミはレーザーやフォトフェイシャルなどの光治療で消すことが可能です。

また、ほうれい線などのシワは、ヒアルロン酸でかなり目立たなくすることが可能です。

美容医療は、以前ほど敷居も高くなくなり、現在では、価格も一般人の手に届くほどに下がってきています。

美容医療に頼っている同世代の女性と、セルフケアだけの女性では、見た目年齢に、かなり差がついてしまうのも事実です。

エイジングケアの化粧品って、意外とお値段しますよね。

ラインで使うと、数万円、なんてことも珍しくないはず。

それに加え、美白ものやスペシャルケアのパックなど、色々揃えはじめると、かなりの額いってしまいます。

で、結果は見えるのか?

疑問に思っている方も多いかと思います。

同じ金額をかけるなら、結果が必ず見える美容医療に軍配が上がります。

特にシミ治療に関しては、紫外線が落ち着き始めるこれからの季節がチャンスです。

冬の間に、気になるシミは一層して、春を迎える。

これを習慣にしていると、肌の透明感はかなり差が付きます。

積み重ねると、マイナス5~8歳程度は実感がわくのではないでしょうか。

同窓会で、変わっていないね。といわれること。

それは最大の誉め言葉ですよね。

キレイでいること、は、あきらめたらおわりです。

歳をとるにつれ、意識の差、がはっきりとでてきますよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする