若見えには、適度にトレンドを取り入れることが大切。

30代~40代の女性の見た目年齢って、本当に人によって差が大きいです。

同じ年齢でも、年齢以上に老けてみる人もいれば、驚くほど若く見える人もいます。

それってなぜだと思います?

もちろん肌のお手入れ、ボディが引き締まっているかいないか、ももちろんありますが、

意外と盲点なのが、

「自己プロデュース力」

の違いなんじゃないかと思うんですね。

メイク。髪型。服装。

これってほんとに見た目年齢を左右します。

なので、どれだけ自分を若々しく演出できるか、これがとても大切なんです。

プロデュースだなんて、芸能人でもないし、スタイリストやメイクさんが付いてるわけじゃないし、どうすればいいの?

思いますよね。

なかなか自分のことって客観的に見ることってできないし、かなりの方が、自分好みのメイク、髪形を何年、あるいは何十年も変わらず毎日してしまっている、

・・これって実は、かなり危険なことなんだと思うんですよね。

何十年も自分をアップデートさせてない。

90年代のほっそーい眉をいまだにアイブロウペンシルでせっせと書き続けていたり、

何十年も前のワンレンの髪形(古すぎ?汗)をいまだにしてたり。

もしかしたら、じぶんが一番モテていた時期だったり、

その時代にいい思い出があるからそうしている。

無意識かもしれませんがそうなのかもしれません。

でも、それって、実に滑稽なんです。

その理由は、時代に合っていないのと、今の自分に合っていないから、なんですね。

30代・40代ともなればやみくもに流行を追う必要はありませんが、ある程度トレンドのスパイスをきかせることは、若見えにとってかなり大切。

「全然この歳にみえない!!」って芸能人は、必ず、トレンドをさりげなく取り入れているんです。

もちろん芸能人の場合は、それ以上にトレーニングや、お肌ケアなど、相当やってますからそれだけではありませんが・・。

メイクをすこし太目に、そしてリップは少しオーバーめに、発色も良く、

そして髪形も重め前髪挑戦してみたり(重め前髪は生え際の悩みもカバーしますよ・)

カバー力重視だったベースメイクも、下地で肌悩みをカバーできるものに変えて、ファンデ自体は薄付きにするなど。

若々しく見えるためには、トレンドを適度に取り入れた「自己プロデュース」がとても大切。

ぜひ明日から、意識してみてくださね。

※若見え薄付きメイクにおすすめ⇒化粧戻しパフ「パフコ」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする